『四季の声』 心休まる北東北の風景写真

shikinokoe.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 12日

美脚越しの秋

c0259795_0185649.jpg

(岩手県北上市 如意輪寺)

彼岸花は、花が終わってから葉が出るため、「葉見ず、花見ず」ともいわれる。
韓国では「想思華」と呼ばれ、”花は葉を想い、葉は花を想う”の意味だそうです。
(出典:「自然のことのは」幻冬舎)

この花はいったいどこで光合成をしているのだろうか。もしや、茎?
いや、実は、ほかの植物との光の奪い合いの夏は休眠し、秋の開花終了後、養分を得るための葉が茂り、球根に養分をせっせと貯金。この間に彼岸花は赤々と咲き誇るのです。
メリハリのあるすごい人生設計です。
[PR]

by shikinokoe | 2012-12-12 00:37 |


<< 秋露にぬれて      氷紋に閉ざされて >>