『四季の声』 心休まる北東北の風景写真

shikinokoe.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 13日

白衣の妖精

c0259795_2305329.jpg

盛岡市 御所湖

白い仏炎苞に包まれた肉穂花序(にくすいかじょ)のクローズアップ。

数百の小花から構成され、それぞれ全てが雄雌の両性花。

ツキノワグマが冬眠後に葉や花を食して体内の老廃物の排出のための嘔吐や
下剤として食べるとのこと。

人間は呼吸困難や心臓麻痺を引き起こす危険があり、絶対に真似してはダメ!

きれいなものには毒があるようです。
[PR]

by shikinokoe | 2013-05-13 23:55 |


<< 小川で瞑想      芽吹きの刻 >>